2008年12月05日

外資系企業への転職を希望する

外資系企業への転職を試みる場合、その将来性について考慮する場合があるでしょう。 外資系企業は、母体が海外にあるため、データ上で将来性を計るしかありません。 実際問題、その国の経済事情と会社が連立しているとも限らないので、将来性を図るにも一苦労するでしょう。

例えば、アメリカは今金融危機が叫ばれていますが、全てのアメリカの金融会社が危機というわけではありません。 つまり、アメリカ系列の保険会社が今はあまり景気がよくないかというと、そうとも限らないですし、その会社の将来性については保証もない代わりに確証もないということになります。

では、結局外資系企業への転職で将来性を有利にするのは無理なのかというと、そうとも限りません。 外資系企業は基本的にグローバルな展開をしており、国内企業よりも受け皿が大きく、将来性を期待できると言えます。

ただその反面、買収も多く、気が付けば吸収合併→部門の削減という形で将来が閉ざされる可能性もあるのです。 結局のところ、外資系であれデメリットは複数存在します。 それを外資系特有のメリットが上回るかどうかに、外資系企業への転職が価値のあるものかどうかが掛かってきます。

現在、外資系企業への転職を希望する若い人達が増えていますが、そういった人たちは、どちらかというとデメリットをあまり考慮せずにメリットを追いかけている傾向にあるような気がします。 デメリットにも目を向けた上で、転職を考えるべきでしょう。



ブルークロスカールズ ブルークロス Tシャツ ブルークロス ブルゾン エンジェルブルー エンジェルブルー バッグ メゾピアノ Tシャツ メゾピアノ ペリエ メゾピアノ パンツ メゾピアノ ニットキャップ
posted by しまりすだ at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。